スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版鋼の錬金術師 感想 

2005年07月27日 11:50

初日に観ておきながら、今頃劇場版鋼の錬金術師の感想です。一部ネタバレがあるので、まだご覧になってない方は回れ右~!!

「シャンバラを往く者」のサブタイトルを初めて耳にしたとき、シャンバラとは何ぞや?と疑問を抱いた方も多いことと思います。私もその1人。
チベット密教の用語であると知ったときは、エドが魂の救済をチベット密教に求めるストーリーになるのか?と思ってしまいました!(そんなの考えるのはお前だけだーー!!)いやー、大馬鹿ですね!!くるくるマニ車を回すエドを想像しちゃいましたよ。ダライラマ何世が出てくるのかと真面目に(ほんのちょっとだけですよ!)考えてしまったことは秘密です(笑)

そんな戯言はお終いにして…いや、しばし戯言は続きます。
映画はTVシリーズ最終回の続きと聞いて、イヤーな気持ちになりました。だってエドは1921年のミュンヘンに飛んでるんですよ!しかもロケット工学を学んでいる。ドイツ、ロケット、非常にきな臭い。ヒトラー、ナチ、V2ロケット…もう独裁体制バリバリな時代の暗い映画になるものだと思いました。
しかし、V2ロケットは第2次大戦中に開発されたもの。独裁体制が確立されるのは、エドが飛ばされた時代のもう少し後。歴史に疎い奴はきちんと歴史を知った上で妄想した方がいいですね…(苦笑)マジで日本史も世界史も苦手だ~!!
私のような歴史音痴の方は、歴史をちょっとでもかじってから映画を観たほうがいいですよ!!時代背景が分かった方が、映画のストーリーに入り込めると思います!!

さて、やっと感想…。
劇場版についてはご覧になった方々の感想が賛否両論で、本当に心配してました!
手放しで絶賛はしないけれど、映画としての出来は良かったです。ストーリーも限られた時間の中でまとめてあると思いました。もうキャラクターがスクリーンで動くのを観られれるだけでいいやと、過剰には期待してなかったんですよ。いや、本当に思いの外良かった!!

映画導入部はCMでお馴染みの仮面の男との対決。エドはミュンヘン、アルはアメストリスと離れ離れになっているはずなのに、三つ編みエドと鎧アルが一緒に戦ってます。
さすがは映画、動きも絵もイイ!!鋼のコミカルな部分も織り交ぜられ、つかみはOKってとこでしょうか。
実はこれ、エドの思い出話としてハイデリヒに語っていた物なんですね。ハイデリヒは笑いながらも作り話として聞いています。ここで、エドは錬金術の使えない世界にいるのだと知らしめます。
成長した兄弟の再会ストーリーのどこでこのシーンは使われるんだろう?と疑問に思ってたんだけど、そう来たかー!!こんな回想シーンが冒頭に来るとは思わなかった!!でも、離れ離れになった兄弟はこんな旅をしていたと説明するのに大切なシーンなんだと感じました。

エドが車を運転しているのに驚きましたが、道から逸れて横転させてしまうのが彼らしくて笑ってしまいました。エドとハイデリヒはヒッチハイクした車の荷台に乗り込みノーアに出会います。ここで、ミュンヘンでの主要人物が揃います。ハイデリヒ役の小栗さん、ノーア役の沢井さんの声に違和感は感じませんでした。特に小栗さん!作りこまれた声優さんの声とは違った良さを感じました。何だろ?ホント普通にそこらへんに居る青年って感じで…。(なんて例えだ!)

この荷台に乗っているジプシーの女性達の演奏が始まります。ここは特に気合入って作画、動画ともに作り込まれてましたね。あのジプシーの曲を聴きながら、ジプシーキングス思い出しちゃって…。ジプシーキングスはCMや鬼平犯科帳のエンディングでも曲が使われていた有名なグループです。でも私が思い出してしまったのは、第1回空耳アワードに輝いたベンベンマリア。♪あんたが~た~ ほ~れ見~やを何で鋼を見ながら思い出すんだ。こんな所で空耳を思い出す自分がちょっと嫌になりました…(-_-;)仲間は…いないですよね。

そしてOPの映像が流れます。
DVDジャケットとTVシリーズのシーンを使った映像でLinkの曲にあわせテンポ良く画面が転換していきます。カッコいいvv
大佐とヒューズさんが出るとキャー!!ホークアイ中尉が出るとキャー!!でもエドと大佐の12巻ジャケットの画面で笑い声が混じってた…。何故笑う!?てか、このOPでスクリーンに向かって歓声を上げるお嬢さんが多くて、今後の上映中もキャーキャー言っちゃうんじゃなかろうかと、不安になる。
そして予感的中(゚Д゚;)
いや、ノリガいいのは結構!!笑うところは笑う!!うん、それでいいと思う。
ただね、台詞が聴こえないのはどうかな? 多数の乙女達が歓声を上げている為に注意することが出来ない。私の席の周りのお嬢さん達は、マナーが良かったんだけどねぇ。

長くなったので、また後で書きます…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://naganon.blog14.fc2.com/tb.php/26-b11d6611
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。