スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版鋼の錬金術師 感想 その2

2005年07月31日 12:31

しばらく放置してましたが、感想の続きを…。
続きっていうよりも特に印象に残ったところの感想を語りたいと思います。
ネタバレありなので、まだ劇場版をご覧になっていない方は、回れ右ですよ!!

映画を見初めて、エドはアメストリスの頃よりもかなり大人しくなった印象を受けました。18歳になっただけでなく、自分のいた世界に帰れないことの焦りと諦めが、エドを変えてしまったんだと感じました。以前のエドならば自分の居た世界に返るために突っ走っていたはずだろうに…。(それりゃ、頑張ってたのに2年も帰れなかったらクサルよな。)
TVシリーズ最終回、インフレに愚痴を言いつつもリンゴを買い求める随分な親ばか振りを晒していたホーエンハイム。彼が行方不明になったことも彼を沈み込ませる原因になっていたのでは?自分のあるべき世界は錬金術の世界アメストリスで、そこでの自分を知っている人間、そして自分と同じく門を通った人間である父と言う存在が、精神的にかなりの拠り所になっていたことでしょうね。
父は子供可愛さに最後の時を迎えます。エドをアメストリスに帰す為、エンヴィーへ謝罪する為に血を流します。親は子供の為だったらこんなことも出来るんだ…。(って、私は出来ないけどな)
ガップリ噛まれてる姿にエヴァの碇パパを思い出したりしてね。

アルはエドが現実世界で錬金術を使えない代わりに、バンバン錬金術を披露してくれます!
錬金術の能力も見た目も成長したのも驚いたけど、アル、髪伸びるの早くない?そんなことはどうでもいいか(ーー;)
魂が抜け易いとのことで、魂の一部を鎧に移しを自由に動かすことも出来すようになってます。これって、アルは幽体離脱しやすい体質って認識でいいのよね?(幽体離脱とは違うか?)
いやー、生身のアルもいいですね!!コスプレアルって、どうよ?と思ってたけど、平気だった!!平気ってか、カワイイと思った!!
それにしても兄と再開したいと言う純粋な願いが周りを争いに巻き込んでしまうって悲劇だなぁと…(泣)純粋な願いならば何を望んでも良い訳はないし、その願いが人を不幸にするってこともあるって分かってるけど…何か悲しかったよ。

途中鎧にアルの魂が移った状態での兄弟の再会あり!!軽いノリでの再開は良かった!!
意外な出会い方で驚いたけど、久々に会った兄弟でも湿っぽくなくて離れていた時間と距離を感じさせない再開シーンには脚本ありがとう!!とマジで思った。

ハイデリヒの扱いが軽かった!ホーエンハイムが行方不明になって、エドが彼のところに転がり込んだってことは、アルに似た彼に家族を求めたってこともあるんですよね?エドが現実世界の人間と正面から向かい合うきっかけを与えてくれた大切な存在でもあるハイデリヒのはずなのに…。死ぬのは必然としても、ハイデリヒの死を知ったエドのリアクションが薄いのは悲しいです(泣)その後、手厚く弔われてはいたけどね。

ロイ・マスタング、沢山笑わせてくれてありがとうvv
劇場版の限られた時間の中では彼の苦悩を描ききることは出来ず、すっかりお笑い担当に…(汗)いやいや、ちゃんと見せ場は用意されていたんですけどね。
雪だるまなロイ、マッチで火を付ける(てか、付けられてなかった)ロイ、気球で飛んでいくロイ…。
劇場内は彼が出てくると歓声と笑い声が同時に起きてましたよ(笑)

大総統似のマブセがこんなに目立つと思わなかった!!大総統(違!!)おいしいとこ持って行くなぁvv

ぐちゃぐちゃと思いつくままに書いたけど、最後はエンディングについて。

現実世界から逃げていたエドがその世界と向き合うために戻ってくるのだろうとは予想していました。エドは1人で現実世界に残るものと思っていたので、あのラストは予想を裏切られて本当に嬉しかった!!
強く再開を願った兄弟が一緒にいられる。どの世界でも兄弟で一緒にいられたら、そこがあの2人にとってのシャンバラなんですよね、きっと…。

アメストリスに残っている人間はどうするんだ?とお怒りの方々も沢山いらっしゃるでしょうね。
ウィンリイの「もう待たせてくれないんだね。」の台詞はとても悲しい。あれだけエドのことを想っていたのにもう会うことが出来ない。でもアルだけがアメストリスに残った場合はもっと残酷ですよね。またいつか会える日が来るとエドを待ってしまうでしょう。
あの台詞は彼女が新しい道を歩き始められる第一歩…と考えたら、少しは悲しみは薄れませんか?(駄目?)

少し毒を吐く。
ふっちゃけ劇場版のテーマはラブアンドピース。反戦ですよね?
愛と平和を説きながら、血みどろシーンが山盛りって…orz
世界は綺麗なだけじゃないんだよってことかい?ああ、もう監督も脚本も重いテーマが好きだよな!しかも鬱な話を好む。

毒を吐いたら止まらなくなりそう。これ以上酷いことを言う前に止めておく。

http://www.eiga.com/ranking/050726.shtml#jp
ここにシリーズ化は既定路線って載ってますが、結局続くんですかね?


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://naganon.blog14.fc2.com/tb.php/27-252a47bc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。